fbpx

日本語

LATEST NEWS

アグアスカリエンテスと日本の重要な関係の仲介者

日本との商業関係、外交を強化することは、州政府が、経済発展のために実施している主な内容である。日本は、アグアスカリエンテスにおける外国直接投資の55%を占めるため、この州内投資割合を維持していくことは、重要なことである。   マルティン・オロスコ州知事、リカルド・マルティネス州経済開発省長官を筆頭とする日本訪問団は、日本との関係を確固とするため、在日本大使館と重要な関係を築いている。   在日メキシコ大使館の事業担当官であるアルマンド・アリアガ・オチョアテギ氏は、日本訪問団と共に、アグアスカリエンテス州政府が、インパクトの高い11の商談を設定する役目を果たしてくれた。これは、大使館との密なる関係を保つ州政府とアグアスカリエンテスが国レベルの重要性を有すると大使館が認めていることから可能となった。 [caption id="attachment_4571" align="aligncenter" width="360"] アルマンド・アリアガ・オチョアテギ氏とマルティン・オロスコ州知事[/caption]  
“日本の企業は、アグアスカリエンテスを非常に良く見ています。日本の延長として事業ができるとも考えています。レベルの高い人材を有するため、日本の投資がアグアスカリエンテスにされていると思います。”大使館担当官は述べている。
  重要な企業との会合の設定の他に、在日メキシコ大使館は、今回の訪問の主要目的でもあった日本に住むアグアスカリエンテス出身者を州政府代表団に紹介してくれた。州政府代表団が、同州出身で日本在住の学生や企業で働く人に対して更なる発展を期待し、支援をする旨を伝えたことは公にされていない事実である。  
“人材の確保は、新しい投資を獲得するために基本的なものです。外国語のできる技能員や技術員が常に要求されています。アグアスカリエンテスは、既にこれらの能力を有する人材を輸出する立場になっています。” オロスコ知事は述べている。
  日本の強い影響のあるメキシコの州   在日メキシコ大使館にとって、アグアスカリエンテス州は、日本の文化、産業、経済の大きな影響を受けている州であるとされている。現在まで、1200名以上の日本人が州内に住み、自動車産業のみならず、繊維、建設、家具、薬品、商業などの分野でも活躍している。   アリアガ・オチョアテギ氏によると、アグアスカリエンテス州が日本に対して常に提携を求めてしていることは、認識しなければならないことで、“アジア太平洋地域で、特に日本と取引をすることは州知事及び州にとって大きなコミットメントをすることである。”と述べている。 [caption id="attachment_4572" align="aligncenter" width="300"] マルティン・オロスコ州知事、リカルド・マルティネス州経済開発省長官と大使館員[/caption]     今回が現州知事の2回目の日本訪問で、2017年にアジア諸国訪問時には、中国も訪問し、中国企業のミンス、日系企業であるYIA、湘南造機などのから、投資や工場拡張プロジェクトを確約してもらっている。

日本2019: 州内の中小企業を支援するための日本訪問

州政府が、アグアスカリエンテス内に中小企業の教育訓練を強化することを主たる目的の一つとして日本を訪問。   前述の目的を達成するため、アグアスカリエンテス州政府代表団の日本における重要な活動の中に、企業や教育機関が自動車産業界で中心的存在となるようにアドバイスを行っているJICA(国際協力機構)と会合が含まれていた。   マルティン・オロスコ州知事は、アグアスカリエンテスの訪問団と共にJICA 青木中南米部部長、産業開発公共政策部の児玉、山口両氏を訪問。   会合の目的は、アグアスカリエンテスの自動車産業に関与する多くの地元の小企業の競争力を伸ばすための方策を練ることで、州経済開発省によると、日本の産業のメーカーがどのような形で仕事をしているかを知り、州内で類似したモデルを作ることが理由である。   このプロジェクトは、グローバル企業が必要としている人材の育成を目的して、クラスター、大学、中等教育機関を巻き込むことで、州内の製造業が革新、高度な製造業、第四次産業革命などに向かって成長、連携、進化していくことを目差すものである。  
“バヒオ地区では、自動車産業を重要視することが共通の政策となっています。成功を収めている革新的なサプライヤー・チェーンを築き、日系企業で日産の一次、二次メーカーから成功したモデルを共有してもらい、技術支援を得ています。”と記者会見でのオロスコ州知事は述べている。
  JICAとは何か。 JICA(国際協力機構)は、日本からの直接投資のある国で、維持可能な公共政策を採用し、地域の開発を奨励する日本独立行政法人である。この組織は、企画、実施、実績評価のプロセスから構成されるプロジェクトを実施する国や州のため、あらかじめ設定された目標を一定期間で達成するための実状にあった計画を作成する機関である。   この機関は、自動車産業界を構成する企業が、どんな企業の需要にも対応できる能力をもてるよう強固なエコシステムを形成することを目的としている。これは、どういう意味かというと、小企業の競争力を改善し、その結果、アグアスカリエンテスの社会に専門分野の雇用、総合開発、その他の恩恵をもたらす、大きな付加価値を生み出す大企業から仕事を請け負えるようになることである。   JICAは、教育機関への機器の寄付、教員へのアドバイス、学生との提携、企業への教育訓練などを通して、アグアスカリエンテスで産業に貢献している。今回のJICA訪問における州政府の目標は、州内のプログラムを確実化し、三重螺旋を構成する政府、企業、教育機関をつなぐ新しいワークショップを実施することである。

コンチネンタル: 次世代モビリティ、アグアスカリエンテスから世界へ

「繁栄し、競争力の高い多様性のあるアグアスカリエンテス州」 を達成することが総合的な経済発展を目差す現在の州政府の主要目標となっており、11月1日に現在の州政府の期間で最も重要な投資がこの目標を達成するために行われました。 コンチネンタルAGは、アグアスカリエンテスを信頼し、16億ペソ(8000万ドル)以上の投資を行い、州内の産業に長期的に貢献することを約束しました。ドイツ企業は、アグアスカリエンテスで、アンテナ、照明コントロール・ユニット、ドア・コントロール、コントロール・パネルなどの自動化高性能デバイスを生産する予定です。 会社幹部によると、第1期に最低1000名を雇用し、2019年から操業を開始する予定で、セントラル・エレクトロニック工場は、FINSA工業団地に位置し、緑地、空地、操業用太陽光発電を備えています。 コンチネンタルは、世界中に200以上の工場を有しますが、この種の工場は30工場のみであり、アグアスカリエンテス工場は、グローバル・ブランドの特別な工場となります。「自動車産業が確立している場所で、新卒者のレベルも高く、最高の立地条件で、研究所も存在し、発展しているアグアスカリエンテスに新工場を建設できて、とてもうれしく思って言います。」メキシコ会社の幹部であるパウロ・サントス氏はコメントしています。   専門職と高い給料 コンチネンタルの自慢できることは、人材の育成システムで、メキシコ国内で2万5千名以上の従業員を抱えていますが、雇用を提供するだけを約束しているわけではありません。 プロジェクト・マネージャーであるカルロス・ウエルタ氏は、当社の採用している労務制度には、高い給料、フレキシブルな業務計画、高頻度の教育の機会などが含まれ、これらは、アグアスカリエンテスの労働者の人材育成、専門技能教育のためであるとしています。 「メキシコの次世代モビリティを作る人材を必要としています。創造できる環境から人材の継続的改善に焦点を当て、…雇用のみではなく、労働者の環境改善のために会社の社会的責任遵守プログラムが存在するため、コミュニティ全体が恩恵を受けることになります。」とメキシコ会社幹部は付け加えます。   ドイツ系企業の成長 ルイス・リカルド・マルティネス・カスタニェーダ経済開発庁長官は、コンチネンタルが工場を建設することで、現在、州内の外国投資金額の7%にあたるドイツ系企業の投資金額が増加することになると述べています。 このような企業は、規律や人的展望を提供し、州内において質の高い専門職を育成することにより、アグアスカリエンテスのビジネス環境に有益となります。 「コンチネンタルは、世界レベルの産業界で150年間以上も活躍できているリーダーシップと能力で私たちの社会、経済に 関与していきます。これは、私たちの州の展望と合致し、専門職の充実と経済の多様性に貢献するはずです。」

ドイツからの更なる投資がアグアスカリエンテスに

ピーター・テンペル在メキシコ・ドイツ大使と州内に拠点を持つドイツ系企業との会合において、経済開発省は、世界の中で重要な投資がされるアグアスカリエンテスが有する競争力の高さに関する利点を述べました。 エドゥアルド・インファンテ・プリエゴ州経済開発省投資推進担当副長官は、デュアル教育システム、労働人口の若さ、研究センターの存在、ここ数年の工業化などの州の経済の柱をドイツ人に説明しました。 ボエストアルパインなどのドイツ系企業の幹部職は、ビジネス展開のためにアグアスカリエンテスの利点を認識し、会社の成長のための現州政府の支援を強調しています。それに関して、ルイス・リカルド・マルティネス・カスタニェーダ経済開発庁長官は、双方の総合的な発展を奨励するため、協力していくことを約束しました。 「色々やることがあることは、認識しています。お互いに協力することでアグアスカリエンテス州民に更なる雇用を提供することができると思います。多様性を目差し、また、州内には、成長する若い、教育レベルの高い人材を有しています。」とも述べています。 在メキシコ・ドイツ大使は、経済開発省のビジネスに対する対応を活気があり、納得のいくものであると評価し、産業界だけではなく、教育の奨励、交換留学生のプロジェクトで、ドイツ人社会との関係の拡大につながるとしています。

モデロ・グループが障害者に雇用提供

300万ドルを投資し、モデロ・グループ(AB InBev)は、アグアスカリエンテスに新たに御客様実体験センター(CEC)を開設し、年末年始にかけて350の雇用を提供しています。 会社の幹部職によると、この新しい部門では、女性や障害者の雇用を優先し、必要性にあわせた十分なスペースを提供しています。 「考え方の多様性が今までとは違う実績を達成するためのキーポイントであると信じています。….この新しいプロジェクトは、非常に包括的であることが特徴で、そのためアグアスカリエンテス州が世界のモデルになるとされています。」アンドレス・グティエレス・モデロ・グループの広報部門長が説明してくれました。 この新しいセンターにより、モデロ・グループは、アグアスカリエンテスで2019年半ばまでに2000以上の雇用を生み出す予定です。この事業拡大計画は、数ヶ月前に発表されたばかりで、そのときは、500万ドル以上が投資され、1500の雇用が捻出されました。 ルイス・リカルド・マルティネス・カスタニェーダ経済開発庁長官は、この新たな投資は、企業が優秀な人材を有するアグアスカリエンテスに対する信頼の現れであり、これからも重要なプロジェクトの投資が行われるだろうと述べています。 「社会の誰でも自分の能力を活かして貢献しようとしている人を一体化する方策を私たちは立証しています。そして、これは現州政府の最も重要な政策に一つになっています。」これが州経済開発省長官の言葉です。 また、カルロス・サンチェス・モデル・グループ地域サービスセンター副社長は、アグアスカリエンテスの労働者の専門分野と発展の中に、企業が成長するための効果的方策を発見し、結果として、わずか3年間で10億ペソの経済効果をもたらしていると説明してくれました。 「重要な技術開発もしてきましたが、人材育成にも投資をしました。能力に焦点を合わせることが、このセンターの精神です。….成長目標を大幅に達成し、当初は1000の雇用が目標でしたが、この目標値を50%以上多く達成しています。」
INSTAGRAM
CONÓCENOS MEJOR