Category: Header Japones

アグアスカリエンテスが世界との絆を強化

リカルド・マルティネス・カスタニェーダ州経済開発省長官は、エドゥアルド・インファンテ・プリエゴ奨励開発副長官と共に、在メキシコ外国大使館、全国州経済開発省連合(AMSDE)の第1回全国大会に出席した。 この大会は、メキシコ外務省と州経済開発省が主催し、在メキシコ64ケ国の大使館、14の国際機関、2つの協力機構を招待して開催され、各州の代表者は、インド、モロッコ、韓国、ドイツ等の大使館代表者に対して、主な経済プロジェクトを発表した。 この大会の目的は、マルセロ・エブラル外務大臣の意思で、メキシコと世界をつなぎ、貿易と直接外国投資を強化することである。 フリアン・ベントゥーラ副外務大臣は、メキシコ連邦政府は、州政府と協力し、目標達成を目差している。達成するための条件は、バリュー・チェーンを広げ、中小企業や若者の参加を促し、常に革新を目差していくことであると述べた。  メキシコ貿易経済協議会(COMCE)のミゲル・アンヘル・ランデロス代表は、メキシコが世界で現在迄、力強く進んできた道のりは、非常に良い結果を残し、2018年には、メキシコは、輸出量では、12位、投資の魅力のある国14位で、これからも、他国との関係を強化していく予定であるとコメントしている。 この会合でマルティネス・カスタニェーダ州経済開発省長官は、アグアスカリエンテスの戦略的位置、ビジネス環境、治安、優秀な人材の利点を説明、州政府は、経済の多様化を目差しているため、様々な分野でのプロジェクトのシナジー効果を実現するため、各国大使、領事をアグアスカリエンテスに招待した。...

アグアスカリエンテス州がワシントンDCで優秀な隣国の州の賞を受賞

毎年、米墨商工会議所(USMCOC)は、公的機関、私的機関の中で両国の関係に顕著に貢献した機関に 良い隣国賞を与えている。 今回、マルティン・オロスコ・サンドバル州知事が、アグアスカリエンテス州が、アメリカ企業及びその他の国々の企業からの絶大な信頼を受け、現在まで、外国直接投資額が記録を更新しているため、この賞を受賞した。また、米墨商工会議所(USMCOC)は,メキシコ内の人権尊重の強化、北米の治安改善を支援したメリダ計画内で考慮された構想を通じてアメリカ政府に協力するための貴重な意志とコミットメントにも感謝した。 表彰式 米国ワシントンDCで実施された表彰式では、米墨商工会議所(USMCOC)の会頭アルバート・ザパンタ氏が、州政府を代表して出席したルイス・リカルド・マルティネス・カスタニェーダ州経済開発省長官にこの賞を授与した。 この賞を受賞するに当たり、マルティネス・カスタニェーダ州開発省長官は、州知事に代わり、感謝の念を伝え、アグアスカリエンテス州政府は、経済成長、国内での競争力の分野で上位にランク付けされている州の社会的安定、経済発展の状態を維持していくことを約束した。 メキシコが直面する新しい環境とアメリカ、カナダとの貿易協定を継続していく方策として、アグアスカリエンテス州政府は、第四次産業革命を考慮した経済発展、製造業の多様化を実現するため、地域協力体制である中央高原バヒオ地区連盟を形成していることを強調した。 また、両国は、各国側で相互または具体的な商業プロジェクトを基に投資をすることで、お互いの利益になる貿易を奨励することを継続していくべきであるとした。 アグアスカリエンテスの起業家でムルティコロール・グルーポ・グラフィコの創立者でCEOであるフランシス・ロペス・エスピノサ氏もリーダーシップ賞を受賞している。 そして、この表彰式には、マルタ・バルセナス在米メキシコ大使も出席している。 その他の良い隣国賞を受賞者 商工会議所の31回の授賞式の中で、下記に示すメキシコ、アメリカの様々な業界の人たちがこの賞を受賞している。 カルロス・エスリム・エル, グルーポ・カルソ(2000) ギジェルモ・オルティス, 元メキシコ銀行総裁 (2002) リカルド・サリナス, グルーポ・サリナス社長兼 CEO, (2009) ミゲル・マルケス・マルケス,元グアナファト州知事 (2017) アグスティン・カルステン, 元メキシコ銀行総裁(2011)...

アグアスカリエンテスへの投資を奨励に関する本を日本語で出版

州政府が今年初めに実施した2019年日本訪問の効果が出てきている。この訪問は、戦略的提携を通して州内の経済発展を活性化させることを目的としていた。 その一つにアグアスカリエンテスと多くの共通性を持つ神奈川県との提携がある。地理的位置の有利さを利用し、神奈川県には日産の活動の中心地があるが、アグアスカリエンテスも同様に世界へ供給するロジスティックの中心となっている。 今回、この神奈川県とアグアスカリエンテス州の関係により、当州に投資を考えている日本企業向けに最初の本を編集するという興味深いことが実現した。 神川県北米事務所代表の鈴木氏は、マルティン・オロスコ・サンドバル州知事との会合で、この本の出版について報告した。その内容は、アグアスカリエンテスの一般情報、経済、治安、文化、歴史、伝統、教育、生活様式と州民についてなどである。 この本の出版は、州の大きな経済発展とメキシコ国のいくつかの経済指標で全国1位になっていることの証と言える。 神奈川県北米事務所代表の鈴木氏は、この本は、湘南造機株式会社が中心になり出版するもので、2020年に東京、神奈川地区で5万部発行する予定で、アグアスカリエンテスの詳細情報と州に投資する長所、利点について書かれていると述べている。 この出版の目的は、この本を通して日本の企業がアグアスカリエンテスの実態を知り、投資が成功することである。実際に、日本の企業の中で、投資を考えている会社が存在するとし、情報不足が原因で、投資の判断が遅れることがあると述べている。 この本の発行により、日本人がアグアスカリエンテスにより興味を持つようになり、結果として、アグアスカリエンテス州政府と神奈川県庁間での相互協力が必要になってくる。 神奈川県代表者は、メキシコの産業、特にアグアスカリエンテスとの絆を深めるため、来年実施される本の出版会にマルティン・オロスコ・サンドバル州知事を招待した。...

アグアスカリエンテスの人材を有効活用するタチエス

自動車のシート製造業で世界レベルの大手企業であるタチエスは、アグアスカリエンテスで28年以上も前から操業を開始し、1991年から現在まで、アグアスカリエンテスを信頼し続け、最新技術を使用した新規プロジェクトを何度も立ち上げ、州の経済に貢献している。 最近のプロジェクトでは、日産、ホンダ、インフィニティに加えて、新規取引先であるトヨタ、マツダ向けの生産対応のため、州内で400万ドル以上の設備投資を発表した。 タチエスは、州内に世界の主な設計、先端製造技術、試験センターを有し、5300名以上の雇用を提供している。これは、日系の大企業が、創造性を持つアグアスカリエンテスの人材に対する大きな信頼を持っていることを意味している。 “アグアスカリエンテスの人材が構想、提案ができるよう、その人材に期待し、アグアスカリエンテスでの設計を強化しています。..私たちは、エコシステムを変換、改善する提案を生み出す人材を有し、メキシコと日本の提案を統合することが、成功の秘訣です。”、タチエス・メキシコのアルマンド・ゴメス・デ・ラ・トーレ 副社長の言葉である。 州内の人材を活用するため、タチエスは、アグアスカリエンテス工場の社員を日本で教育する提携同意書を署名し、州政府との関係を築くことができた。これは、アグアスカリエンテスの技術員の専門知識レベルを上げ、産業界のキーになる職務につかせることを目的としている。 タチエスは、現在アグアスカリエンテス州内に6つの工場を持ち、州内の雇用に最も貢献している3社の一つであり、過去3年間おいて、州内において、3000万ドル以上の設備投資をしており、この内容が、現州政府の経済政策である市場の多様化と共通するところがあり、これからも提携が続くことになる。...

州政府団の日本訪問実績

今回の州政府の実施した日本訪問の最初の実績が、日系企業の3つの投資により、現れ始めている。これらの投資で、2300の雇用が生み出される予定である。   マルティン・オロスコ州知事とリカルド・マルティネス州経済開発省長官は、1億5千万ドル以上の投資が予定され、アグアスカリエンテスと日本の関係が強化され、アグアスカリエンテスが日系企業の投資先として最も魅力のある州の一つになっていることを確認した。   同様に、50の優秀な大学があり、アグアスカリエンテス内の大学の新卒者が、入社と同時に日本で働ける機会が持て、教育を受けて、1年から2年働いてから、アグアスカリエンテスに戻り、インターシップを行った会社で、雇用されることが保証され、学んだ経験や知識を適用することができるようになる。   オロスコ州知事は、航空宇宙工業、機械工業、自動車産業などの20から30社で構成される名古屋商工会議所の視察団がアグアスカリエンテスを訪れ、投資または地元産業との取引の可能性を確認することになっていることも説明した。 また、日本国際協力機構(JICA)がアグアスカリエンテスの中小企業が大企業のメーカーになれるよう支援することになっており、まずは、20の中小企業が日本の企業、アグアスカエンテスの企業が参加する特別プログラムに組み込まれている。   さらに、在日メキシコ大使館との関係も強化し、大使館を通して日本企業とアグアスカリエンテスの企業の関係を作り出しため、埼玉県知事とメキシコの全国州知事会議間で実習の交流、アグスカリエンテス中小企業と福岡県の日本企業との交流も取り決めている。   最後に、日本の企業が新大統領の体制の経済政策に関して不安を感じていることは事実であるが、メキシコ、アメリカ、カナダ貿易協定の締結と現州政府により、国際市場に対して、信頼感と安心感をもたらすことができたため、今回の日本訪問は価値のあるものとなった。   また、リカルド・マルティネス州経済開発省長官は、投資の中には企業取引センターへの投資があり、工学士号や学士号を有する専門家を対象とした500名の雇用が予測され、この投資は数ヵ月後に完結すると付け加えた。   他の投資では、約1000人の雇用が捻出され、分野は、自動車産業、鉱業、農産業に関する様々な企業である。   さらに、三番目の投資として、タチエスの工場拡張があり、これは数ヶ月前、州知事の日本訪問時にタチエスの重役により700人の追加雇用を生み出す投資であると報告されたものである。数ヵ月前には600名の雇用を州政府に対して確約していたが、これから先1300名が雇用されることになる。   州経済開発省長官は、その他に日系企業5社が投資に興味を示しており、正式にはまだ決定されていないが、名古屋市の企業と調整中である。   最後に、際立った内容として州内の中小企業の成長がある。今回の日本訪問を機に、戦略的提携を通して地元の企業が発展するよう対策が実施されている。      ...

アグアスカリエンテスで自動運転車? 日産とジャトコの話題

メキシコの駆動となりアグアスカリエンテスは、世界レベルの自動車生産企業とシナジーを持ち新しい自動車産業に向かい進む 日産 2019年の日本訪問の最終日の訪問先として、マルティン・オロスコ州知事、州経済開発省リカルド・マルティネス長官は、日産自動車の専務執行役員であり、CSR担当をしている川口均氏を訪れた。 アグアスカリエンテスと日産のつながりの歴史は、仕事の質、産業界、地域、国の様々な経済状態の変更への順応、次世代の車両に向けたお互いに共有している先端を目差すことへの展望が基本になっている。 それに関して、川口氏は、州知事と州経済開発省代表に将来アグアスカリエンテスで生産されるとされている車両を紹介した。その中に近い将来グローバル市場で販売される自動運転車があった。 州知事は、このような新たなプロジェクトが州内で実施されることは、メキシコへの外国直接投資の55%が日本により実施されているアグアスカリエンテスを日産のような重要な企業が信頼し、確信をもっているからであるとしている。 また、アグアスカリエンテスが、ケレタロ、グアナファト、サンルイス・ポトシ各州と共にリーダーとなり、2050年までにプロジェクトが完結すれば、メキシコで一番の競争力を有する日産、マツダ、トヨタ、ホンダ、GMなどの自動車産業が、かなりのスピードで成長するバヒオ地区連盟が形成されることの重要性を強調した。 ジャトコ また、州知事は、ジャトコの井上智昭VPとも会談し、メキシコ、アメリカ、カナダ間の貿易協定交渉が終了した結果、州内での操業の信頼と確信が見えるようになり、北米市場に対するこれから期待が持たれることを確認した。 オロスコ州知事は、教育機関と産業界を巻き込んだ二元教育モデルを採用し、公立大学のネットワークを通して、州内の国際化、二ヶ国語使用の機会を作り出し、専門知識のある人材が、生産工場に即順応できるようにしていることを説明した。 これらの状況は、投資に対する利点であり、生産ネットワークのサプライヤー・チェーンも整っているため、既存の企業も安心して拡張ができる。 また、州知事は、州内で企業のコスト削減のため、再生可能エネルギーに関する投資も行っていることを報告した。 “アグアスカリエンテスには、1年300日が晴れであるため、ソーラー・パネルに対する投資を過去2年間行ってきました。エネルギー生産が持続でき、エネルギー価格の低減につながると思います。” これにより日本訪問の中で最も重要な二つの会談を終了し、アグアスカリエンテスが、人材、インフラ、位置関係で底堅い経済を有する州であり、そのため、居住地、投資をする場所として、最高の場所であることを確認した。...

日産、アグアスカリエンテスがインテリジェント・モビリティで提携

アグアスカリエンテスの産業は、日産なしでは語れない。日産は、アグアスカリエンテスにおいて、自社社員、直接メーカーを含め、4万人の雇用を維持し、州内の投資は50億ドルに及ぶ。 その理由もあり、州政府団の日本訪問時は、日産本社を訪問することを主要目的の一つにしている。マルティン・オロスコ州知事、州経済開発省リカルド・マルティネス長官は、日産自動車川口均専務執行役員と会合を持った。 会合の目的は二つあり、アグアスカリエンテスと日産に関係を強化し、お互いに新しいプロジェクトを探すことである。 州政府が新しい市場を探すことは、自動車部品を無視することではなく、同じ自動車産業の中で、多様性を探すことでもある。州知事はそれを何度も繰り返している。 これは、日産との新しい展望である。日産は、アグアスカリエンテスで最も重要な企業であり、州の経済の機動力である。私たちにとって新たな協力の同意を目差して、この長い付き合いを強化することは重要である。これは、会合の中での州知事の言葉である。 モビリティの新たな傾向 会合の間、アグアスカリエンテスの訪問団は、日産重役とインテリジェント・モビリティの新しいプロジェクトに関して話をし、車両展示場では、日産から、近い将来、これらの車両の生産をアグアスカリエンテスで計画していることが述べられた。 この種のプロジェクトが実現されれば、高度な製造業、開発、設計などの特別分野の雇用が生まれることになり、州政府の思惑と合致する。 アグアスカリエンテス州は、これらの傾向に移行することを信じている。すでに、日産とダイムラーの提携では、アグアスカリエンテスでは、インフィニティQX50や最近州内で生産が開始されたメルセデス-ベンツAクラス車などの先端技術の車両生産されている。  ...

州政府と日本の商工会議所が新しいセクターの投資を目差す

日本訪問時、マルティン・オロスコ州知事は、日本で最も重要な産業機関の一つである名古屋商工会議所での会合を持った。 州経済開発省長官のリカルド・マルティネス氏、在日メキシコ大使館の人々と共に州知事は、名古屋商工会議所小川秀樹専務理事と会合を持ち、アグアスカリエンテスに調査団を送るよう要請した。 オロスコ州知事は、今回の訪問の主な趣旨は、州政府が求める経済の多様性実現のため、州内で、特に技術開発、エネルギー、宇宙工業の分野で新たな投資を奨励することである。 市場拡大のため、新たな投資先を調査することを主な目的とする商工会議所の代表者は、このアグアスカリエンテス州政府の新たな展望に協力する意思を示した。 州知事は、アグアスカリエンテス州が、バヒオ地区の他の州と連携して活動し、州内だけの投資ではなく、世界レベルのバヒオ地区全体の投資を目差すことで、国際レベルの競争力が提供できることを強調した。 名古屋商工会議所は、すでにメキシコに70社が投資をしており、その中で5社がアグアスカリエンテスに拠点を持っている。 名古屋商工会議所は、アグアスカリエンテスにとってなにを意味するか。 オロスコ州知事は、今回の訪問の主な趣旨は、州政府が求める経済の多様性実現のため、州内で、特に技術開発、エネルギー、宇宙工業の分野で新たな投資を奨励することである。 市場拡大のため、新たな投資先を調査することを主な目的とする商工会議所の代表者は、このアグアスカリエンテス州政府の新たな展望に協力する意思を示した。 州知事は、アグアスカリエンテス州が、バヒオ地区の他の州と連携して活動し、州内だけの投資ではなく、世界レベルのバヒオ地区全体の投資を目差すことで、国際レベルの競争力が提供できることを強調した。 名古屋商工会議所は、すでにメキシコに70社が投資をしており、その中で5社がアグアスカリエンテスに拠点を持っている。  ...

名古屋商工会議所は、アグアスカリエンテスにとってなにを意味するか。

名古屋商工会議所(NCCI)は、登録企業が17300 社以上あるため、今回の日本訪問時、アグアスカリエンテスに投資を奨励するための会合先となった。 これは、アグアスカリエンテスに新たな投資を奨励するための方策の一つで、州内の企業の多様化を求めることにある。この会合には、在日メキシコ大使館員や日本国際協力機構の人達も参加した。 マルティン・オロスコ州知事及びリカルド・マルティネス州経済開発省長官は、この商工会議所の重役達と会談を持ち、メキシコがラテン・アメリカで日本の主要な貿易国となり、日本がアグアスカリエンテスに多くの投資をしていることから、両国の経済関係の重要性について話した。 NCCIは1881年3月から経済、地域の紛争解決のため、活動を開始しており、業務の一つの政府方針の提案、グローバル・レベルの商業視察団の派遣と受入がある。2017年11月現在で様々なセクターの17309社が登録されている。 訪問時、小川秀樹専務は2017年に実施したメキシコ調査団の話をし、アグアスカリエンテスの投資に興味を示している企業がいくつかあることを述べた。また、NCCIに属する5つの企業がすでにアグアスカリエンテスに投資をしている。アイシン精機、伊勢湾海運、東海興業、ACCUROMM、豊和繊維工業が、電気部品、輸送機器、建設機器、その他のサービスに従事している。 州知事は、再度メキシコ、バヒオ地区と当州の将来性を見てもらうためにも、特にアグアスカリエンテス訪問を依頼した。 この商工会議所には様々な産業が加盟しているため、州知事の目差す経済の多様性を達成することの助けになるかもしれない。また、名古屋商工会議所は、米国、オーストラリア、フランス、イタリアなどの商工会議所との提携があるため、世界各国からの投資の可能性も秘めている。...

ベダ・ボルゼニウスとカルソニックの新たな展望

2016年11月、KKR傘下の投資ファンドが保有するCKホールディングス株式会社がカルソニ ック・カンセイ株式会社の全ての既存株式を購入した。2018年10月には、カルソニック・ カンセイがフィアット・クライスラーの自動車部品部門のマグネッティ・マレリを買収し 、その結果、世界で7番目の規模の自動車部品メーカーが誕生した。 これらの変更により、会社の経営の主導権が昨年の4月1日から変わり、ドイツ人のベダ・ ボルゼニウスが持つようになった。 上記CEOは、世界レベルの自動車産業に30年以上の経験を有する専門家で、カルソニッ ク・カンセイに赴任する前は、ジョンソン・コントロールズの自動車部品メーカーに関与 し、アジア太平洋地域の取引の副社長として、中国、ドイツ、米国で様々な分野の責任者 であった。それ以前は、約20年近くロベル・ボッシュに勤務し、電子ユニット部門の社長 までになった人物である。 現在、ボルゼニウスは、カルソニック・カンセイで、短期目標二つを達成することで、新 たな繁栄をもたらそうとしている。 日産依存率を減らし、取引先の多様性を目差す 2013年より、森谷弘史社長の下、カルソニック・カンセイは、大きく成長してきた。それ まで、取引先は85%が日産であった。2021年までに依存率を70%まで下げることを新し いCEOは目標の一つにしている。 マグネッティ・マレリ、カルソニック・カンセイ共、取引先を共用することを目差し、ま ずは、カルソニック・カンセイが、クライスラー、フォルクスワーゲン、BMW、ダイムラ ーとの取引きをすることから始め、カルソニック・カンセイは、マグネッティ・マレリが 日本や韓国で取引先を拡大できるよう支援することを目差す。 電気自動車生産に参入 カルソニック・カンセイの新しい体制のもう一つの目標として、電気自動車の部品生産へ 参入し、その割合を増やすことがある。 カルソニック・カンセイは、独自にインバーター、バッテリー制御システムを生産し、売...