Author: Alejandro Martínez
Header Japones
Japonés

スタート・スマート、今、将来を築く

アグアスカリエンテスと世界は、問題解決者、つまり、専門知識を有し、最新の科学的、技術的ツールを使い、アイディアや草案を製品やサービスに変換し、私たちの生活の質を改善することのできる起業家を必要としている。 しかし、今日、一人では、いかなる研究者も起業家も成功することはできない。グループで活動をし、協力、知識の集結、資源の最適化をする必要がある。 これが「未来を作る上げるアグアスカリエンテス」という表題で8月30日、31日に州経済開発省(SEDEC)とマサチューセッツ工科大学(MIT)主催でアグアスカリエンテスのマリオット・ホテルで行われた科学、技術起業フォーラム・スタート・スマート・メキシコの精神である。 フォーラム開始の挨拶で、マルティン・オロスコ・サンドバル州知事は、私たちが生きている瞬間の必要性を意識する必要があると述べた。 「世界が要求している科学と技術の世界へ入っていかなければならなりません。皆さんのための瞬間です。政府としては、必要な道具を提供し、偉大な起業家が現れるよう支援をしていく義務があります。」 イベントは、講習会、専門家によるパネル討論会、インパクトの大きい先端製造業、薬剤業、宇宙産業、データ、IOT、ロジスティック、供給チェーン分野のワークショップが行われた。 企業グループ、学生連、市民社会によって推薦され、2日間のイベントには、多くの人が出席し、ワークショップへの有意義な参加があった。 アグアスカリエンテス州知識社会開発機構 (IDSCEA)代表者カルロス・ムニョス氏によると、このようなイベントにより、知識の拡大による個人および社会の潜在的雇用の多様化が望めると述べている。 このフォーラムでは、マサチューセッツ工科大学との提携で、大学と直接コンタクトができ、これらすべての変更開発し、短期間で技術が変換できるようにし、自分の会社を更新、強化し、成長を促すことのできる人の生の意見を聞くことができる。 州政府が中心になってこの方策を展開していることから、経済開発省長官であるルイス・リカルド・マルティネス・カスタニェーダ氏は、この種のイベントを全面的に支援することを約束している。 州政府が、大学、起業家、会社経営者と協力し、州が目差す目標を常に明らかにし、アグアスカリエンテスに利益をもたらす経済活動を起こしている。 最後に、マサチューセッツ工科大学の大学院学長のホセ・パチェコ氏は、起業家、投資家、世界の大きな問題の解決策を提供する人を探していくことを再確認した。これはアグアスカリエンテス州政府の優先事項一つでもある。..
Header Japones
Japonés

アグアスカリエンテス、メキシコへの信頼の反映、フェストアルピーネの投資

アメリカとメキシコの新しい自由貿易協定の発表があってから数日後に、アグアスカリエンテスに、国内産業が望んでいる信頼の証拠として新たな外国投資が実施された。 投資をしたのは、フェストアルピーネというオーストリア、ドイツ系の会社で、数年前から州政府が経済開発省(SEDEC)を通して交渉をしてきた企業で、この投資は、アグアスカリエンテスも参加したドイツで最も重要な見本市の一つである2018年のハノーバー・メッセ産業見本市の期間に決定されたものだ。 今週、投資を誘致するために実施してきた活動が実り、フェストアルピーネが3000万ドル以上を投資して、工場の操業を開始し、その結果、特殊分野において90以上の雇用が生まれる予定である。 この工場では、自動車の車体用のドア、フェンダー、メタル部品をコンパス、ダイムラー向けに生産する。また、自動車産業分野以外に、鉄道のインフラ、機械工学、エネルギー、建設、消耗品などの産業にもサービスを提供する。     将来性のある地域を活用 フェストアルピーネがアグアスカリエンテスに来たことは、企業のグローバル展開の拠点になることのできるメキシコが有する将来性の結果である言える。フェストアルピーネの取締役会の会長であるウォルフガング・エデル氏は、取引先の近くに工場を構え、メキシコ国内の需要の拡大に備えることが、メキシコ国内での活動を広げる重要な要素となったとしている。 「成長するメキシコの市場に2つの工場設置」アグアスカリエンテスとサカテカスに工場を設立することをこのようにフェストアルピーネは表現している。隣の州のサカテカスは、地域の産業の潜在的成長が期待される場所で、この工場では、自動車用のチューブを生産することになる。 アグアスカリエンテスの場合は、会社経営陣によると、州内の工場の生産品質によりフェストアルピーネは、自動車部品において市場のリーダーとなることを目差して行く。 「アグアスカリエンテスで実施する先端技術による生産で、強度の高い、非常に軽い鋼材を使用したすぐ使用できる自動車部品生産のリーダーになることを目差します。」フェストアルピーネの取締役会の役員であるピーター・シュワブ氏のコメントである。 メキシコ産業界の新しい時代 メキシコ、アメリカの両国に大きな利益をもたらす相互合意を約束する新しい北米自由貿易協定により、国内産業に成長の大きな機会が与えられ、中でも、アグアスカリエンテスはその先端を行く。 「メキシコとアメリカの新たな貿易協定は、生産の多様化、技術革新、給与レベルの高い正規雇用、先端技術の教育による更なる成長の機会を与えてくれます。北米の新しい貿易シナリオは、決して諦めてはならない、今まで経験した事のない挑戦を意味しますが、それを更なる投資の機会と成長につなげて行くことが重要です。」アグアスカリエンテス州知事であるマルティン・オロスコ・サンドバル氏の言葉である。 フェストアルピーネの経営陣は、この考え方に同意し、ウォルフガング・エデル氏は、会社は、北米自由貿易協定地域全体で事業を展開すること視野に入れているため、新しい生産拠点は、貿易協定の特別場枠組み内で柔軟な対応可能にするものであると述べている。 アグスカリエンテス工場を通して、メキシコでの事業拡大を行い、フェルトアルピーネは、メキシコ全体に13の生産拠点を持つことになり、600名近くを雇用している。2017年度だけで、国内市場で2億7400万ユーロの収入を獲得し、新しい拠点の操業開始により、収入が大幅に増えることを期待している。..
Header Japones
Japonés

ドナルドソン: 多様化のもう一つの例と持続的成長

「コミトメント」という言葉は頻繁に使われるが、ドナルドソンがアグアスカリエンテス共に達成してきた業績は、まさに数少ない「コミットメント」実現そのものであると言える。 州内で1300以上の雇用提供する多くの従業員を抱える企業の一つであるドナルドソンは、34年間アグアスカリエンテスの技能員教育に従事して来た。 ラテン・アメリカ部門の副社長であるギジェルモ・ブリセーニョ氏によると、ドナルドソンのアグアスカリエンテスに対するコミットメントは、会社を信じて、「産業界の必要性に対して適宜に対応してくれた」州内の労働者によって達成できたとしている。 この事実のおかげで、今日、ドナルドソンは、グローバルで最大の生産拠点をアグアスカリエンテスに有している。製造業で重要な工場の一つであること以外に、アグアスカリエンテス工場は、付加価値の高いビジネスと技術開発センターとしても機能している。 「製造だけではありません。給与レベルの高い職種もあり、ラテン・アメリカ全土に向けてビジネスを展開しているため、アグアスカリエンテスの専門職の皆さんに興味深い職種も提供しています。ドナルドソンは、市内での成功の歴史を刻み続けてきました。」これが副社長の言葉である。   多様化: 共有化される展望 2600万ドルの投資で145の雇用を生み出すとされるドナルドソンの新工場が立ち上がったことで、州経済の多様化プロジェクトが強化されることになる。 ドナルドソンは、新工場で最新技術である液体フィルター解決方法を開発する。これによりもっと広範囲な市場をカバーし、世界の新しい取引先だけではなく、鉱業、建設業、産業、農業、輸送業などの新しい分野にも進出することができるようになる。 会社の目標は、アグアスカリエンテスの産業発展のため、新市場を探そうとする州経済開発省(SEDEC)の展望と共通している。また、新技術の登用で、ドナルドソンは、グローバル産業が要求する目標達成のため特殊分野で教育を受けた専門家を必要としているため、州内の雇用改善に期待が持てる。 ドナルドソンに見る企業の維持できる成長 ドナルドソンの副社長は、ここ数年のアグアスカリエンテス工場の成長は、メキシコの中心部分の最前線を行くものであるとし、それは、会社のエンジニアたちの気質のおかげであると述べている。 副社長によると、アグアスカリエンテスのエンジニアの特徴は、ドナルドソンがアグアスカリエンテスに掛けたことと深く関係していると言う。アグアスカリエテスの人達は、知識レベルが高く、規律を守り、やる気があり、さらに、会社の理念に合った価値観を持っている。 「アグアスカリエンテスのエンジニアは、興味深い気質を持ち、常に何かを越えて、その軌跡を残し、今までとは違うことをしたいと思っています。この考え方が、ドナルドソンの理念に合い、エンジニアが今を超えたいと思っているなら、私たちも一緒に越えて行こうと思っています。」..
Header Japones
Japonés

テック・マヒンドラ: 技術産業がアグアスカリエンテスで力をつける

500万ドルを投資したインドのソフトウェア開発会社テック・マヒンドラが州内で成長している。この投資は、アグアスカリエンテス内の1年間で2回目の投資であり、州経済の成長を反映している。 テック・マヒンドラの経営陣は、新工場の開所式において、アグアスカリエンテスの経済成長率と技術者の育成のレベルは高いため、州内における投資を決断したとコメントしている。また、メキシコ国内の都市は、グローバル・ビジネスの展開において魅力のある市場であることも認識している。 在メキシコ・インド大使館代表者であるアシュワニ・クマル氏は、インドの企業は、過去10年間でメキシコ国内に約30億ドルを投資し、3万人以上の雇用を実現したと述べている。 「メキシコは、ラテン・アメリカで一番投資が多い国で、我社は、メキシコの経済に貢献できて、光栄です。また、文化の浸透にも努めています。両国の友好がこれからも続きます。」 以上が、インド大使の言葉である。 総合的インパクトのある企業 テック・マヒンドラがアグアスカリエンテスに来たことは何を意味するか。まず、次の3点があげられる。産業の多様化、優秀な人材の教育、給与の高い雇用の捻出。 政府、教育機関、企業が合同でプロジェクトを作り出していく、いわゆる「三重らせんの構造」で発展が望まれるため、これらの三本柱は、特別な価値のあるものである。 まず、テック・マヒンドラは、アグアスカリエンテスで、魅力のあるセクターにおける経歴から、州の産業の多様化に貢献し、マルティン・オロスコ・サンドバル州知事によると、このインド企業は、宇宙産業、自動車産業、農産業、金融、輸送業、再生可能なエネルギーなどのソフト開発を行い、アグアスカリエンテスが成長を目差している分野に合致している。 また、この企業のもう一つの主な特徴は、大学、工業高校などの州内の教育機関と提携することで、テック・マヒンドラは、州内の人材育成を保証し、将来の雇用改善を促進するため、大学との提携を実現している。 この提携を通して、アグアスカリエンテスの学生が、このインド系の会社でインターシップをする機会が与えられ、その間の給与が通常のインターシップの3倍から4倍もらえることになる。 この方法で、テック・マヒンドラが自ら育成した人材を雇用することができるため、これは、アグアスカリエンテスの大卒者の重要な利点となり、その結果、待遇も改善される。テック・マヒンドラ会社代表者によると、新卒者の給与は最低2万ペソで、州内に新たな専門職分野が増えることになる。   アグアスカリエンテスの投資週間 テック・マヒンドラのアグアスカリエンテスへの2回目の投資が発表された同じ週に、ドナルドソンの工場拡張と フェストアルピーネ工場の開所式も発表された。 これらの3つの会社によって、州内に新たに300の雇用が生み出され、州経済開発省(SEDEC)の代表者によると、これらの企業は、アグアスカリエンテスの企業のエコシステムの高水準化を推進し、州内の雇用がさらに改善される。 投資推進担当副長官であるエドゥアルド・インファンテ・プリエゴによると、この3つ企業により州内の経済活動が多様化し、技術とグローバル発展を含む4.0産業のための人材育成ができるようになるとしている。 「グローバル・レベルの市場に対応する特殊分野の企業が州内で設立されることは、アグアスカリエンテスでは、コストが削減できる理想的なエコシステムが州内で形成されているという正しいメッセージを他の企業に送っていることを意味します。」 以上がSEDEC代表者のコメントである。..
INSTAGRAM
CONÓCENOS MEJOR