READING

30以上の経済回復プログラムで市町村の発展を支援...

30以上の経済回復プログラムで市町村の発展を支援

アグアスカリエンテスをメキシコで一番競争力があり、最先端を行く州にするため、州知事が計画する方策と活動を各市町村へ適用する目的を達成するため、経済開発省(SEDEC)、観光省(SECTUR)、農村開発、農業関連産業省(SEDRAE)の各長官が、11の市町村の代表者と会合を実施

この件に関して経済開発省の長官であるマヌエル・アレハンドロ・ゴンサレス・マルティネス氏によると、経済回復プログラムは、30以上の支援、融資により、各市町村の経済を助長、強化することが目的であるため、来週から実施される支援申請に応募希望者に対して、各地町村がその情報発信と申請書受領の窓口になってもらうよう要請した。

また、観光省長官ウンベルト・モンテロ・デ・アルバ氏は、州の魅力のある観光地の奨励、観光分野における特別、専門講習会、魅力的な町などの州の観光省が奨励するいくつかのプログラムを紹介した。同時に、市町村の経済を発展を目的とするもう一つのワイン街道のプロジェクトへの参加も奨励した。

農村開発、農業関連産業省長官ミゲル・ムニョス・デ・ラ・トーレ氏は、アグアスカリエンテスの農畜産業分野の強さ、発展の期待について言及し、効率の良い灌漑用水の使用、生産の再転換、商品化、価値化、小規模生産者の4分野への支援を特に実施して行くことを強調した。

最後に各市町村の長は、州政府が実施している既存企業、起業家向け支援活動を認識し、アグアスカリエンテス州民の生活レベルを改善するこのプロジェクトに参加することを再確認した。

また、本会合には農畜産業、経済開発委員会、共同促進、観光委員会のそれぞれの代表者であるホセ・マヌエル・ゴンサレス・モタ、エデル・ペドロ・グスマン・エスぺヘル両代議士も出席した。


RELATED POST

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *

By using this form you agree with the storage and handling of your data by this website.