日産、アグアスカリエンテスがインテリジェント・モビリティで提携

アグアスカリエンテスの産業は、日産なしでは語れない。日産は、アグアスカリエンテスにおいて、自社社員、直接メーカーを含め、4万人の雇用を維持し、州内の投資は50億ドルに及ぶ。

その理由もあり、州政府団の日本訪問時は、日産本社を訪問することを主要目的の一つにしている。マルティン・オロスコ州知事、州経済開発省リカルド・マルティネス長官は、日産自動車川口均専務執行役員と会合を持った。

会合の目的は二つあり、アグアスカリエンテスと日産に関係を強化し、お互いに新しいプロジェクトを探すことである。

州政府が新しい市場を探すことは、自動車部品を無視することではなく、同じ自動車産業の中で、多様性を探すことでもある。州知事はそれを何度も繰り返している。

これは、日産との新しい展望である。日産は、アグアスカリエンテスで最も重要な企業であり、州の経済の機動力である。私たちにとって新たな協力の同意を目差して、この長い付き合いを強化することは重要である。これは、会合の中での州知事の言葉である。

モビリティの新たな傾向

会合の間、アグアスカリエンテスの訪問団は、日産重役とインテリジェント・モビリティの新しいプロジェクトに関して話をし、車両展示場では、日産から、近い将来、これらの車両の生産をアグアスカリエンテスで計画していることが述べられた。

この種のプロジェクトが実現されれば、高度な製造業、開発、設計などの特別分野の雇用が生まれることになり、州政府の思惑と合致する。

アグアスカリエンテス州は、これらの傾向に移行することを信じている。すでに、日産とダイムラーの提携では、アグアスカリエンテスでは、インフィニティQX50や最近州内で生産が開始されたメルセデス-ベンツAクラス車などの先端技術の車両生産されている。

 


Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *

By using this form you agree with the storage and handling of your data by this website.