州政府と日本の商工会議所が新しいセクターの投資を目差す

日本訪問時、マルティン・オロスコ州知事は、日本で最も重要な産業機関の一つである名古屋商工会議所での会合を持った。

州経済開発省長官のリカルド・マルティネス氏、在日メキシコ大使館の人々と共に州知事は、名古屋商工会議所小川秀樹専務理事と会合を持ち、アグアスカリエンテスに調査団を送るよう要請した。

オロスコ州知事は、今回の訪問の主な趣旨は、州政府が求める経済の多様性実現のため、州内で、特に技術開発、エネルギー、宇宙工業の分野で新たな投資を奨励することである。

市場拡大のため、新たな投資先を調査することを主な目的とする商工会議所の代表者は、このアグアスカリエンテス州政府の新たな展望に協力する意思を示した。

州知事は、アグアスカリエンテス州が、バヒオ地区の他の州と連携して活動し、州内だけの投資ではなく、世界レベルのバヒオ地区全体の投資を目差すことで、国際レベルの競争力が提供できることを強調した。

名古屋商工会議所は、すでにメキシコに70社が投資をしており、その中で5社がアグアスカリエンテスに拠点を持っている。

名古屋商工会議所は、アグアスカリエンテスにとってなにを意味するか。

オロスコ州知事は、今回の訪問の主な趣旨は、州政府が求める経済の多様性実現のため、州内で、特に技術開発、エネルギー、宇宙工業の分野で新たな投資を奨励することである。

市場拡大のため、新たな投資先を調査することを主な目的とする商工会議所の代表者は、このアグアスカリエンテス州政府の新たな展望に協力する意思を示した。

州知事は、アグアスカリエンテス州が、バヒオ地区の他の州と連携して活動し、州内だけの投資ではなく、世界レベルのバヒオ地区全体の投資を目差すことで、国際レベルの競争力が提供できることを強調した。

名古屋商工会議所は、すでにメキシコに70社が投資をしており、その中で5社がアグアスカリエンテスに拠点を持っている。

 


Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *

By using this form you agree with the storage and handling of your data by this website.