モデロ・グループが障害者に雇用提供

300万ドルを投資し、モデロ・グループ(AB InBev)は、アグアスカリエンテスに新たに御客様実体験センター(CEC)を開設し、年末年始にかけて350の雇用を提供しています。

会社の幹部職によると、この新しい部門では、女性や障害者の雇用を優先し、必要性にあわせた十分なスペースを提供しています。

「考え方の多様性が今までとは違う実績を達成するためのキーポイントであると信じています。….この新しいプロジェクトは、非常に包括的であることが特徴で、そのためアグアスカリエンテス州が世界のモデルになるとされています。」アンドレス・グティエレス・モデロ・グループの広報部門長が説明してくれました。

この新しいセンターにより、モデロ・グループは、アグアスカリエンテスで2019年半ばまでに2000以上の雇用を生み出す予定です。この事業拡大計画は、数ヶ月前に発表されたばかりで、そのときは、500万ドル以上が投資され、1500の雇用が捻出されました。

ルイス・リカルド・マルティネス・カスタニェーダ経済開発庁長官は、この新たな投資は、企業が優秀な人材を有するアグアスカリエンテスに対する信頼の現れであり、これからも重要なプロジェクトの投資が行われるだろうと述べています。

「社会の誰でも自分の能力を活かして貢献しようとしている人を一体化する方策を私たちは立証しています。そして、これは現州政府の最も重要な政策に一つになっています。」これが州経済開発省長官の言葉です。

また、カルロス・サンチェス・モデル・グループ地域サービスセンター副社長は、アグアスカリエンテスの労働者の専門分野と発展の中に、企業が成長するための効果的方策を発見し、結果として、わずか3年間で10億ペソの経済効果をもたらしていると説明してくれました。

「重要な技術開発もしてきましたが、人材育成にも投資をしました。能力に焦点を合わせることが、このセンターの精神です。….成長目標を大幅に達成し、当初は1000の雇用が目標でしたが、この目標値を50%以上多く達成しています。」


Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *

Al usar este formulario, usted acepta el almacenamiento y manejo de sus datos por este sitio web.

INSTAGRAM
CONÓCENOS MEJOR