ドナルドソン: 多様化のもう一つの例と持続的成長

「コミトメント」という言葉は頻繁に使われるが、ドナルドソンがアグアスカリエンテス共に達成してきた業績は、まさに数少ない「コミットメント」実現そのものであると言える。

州内で1300以上の雇用提供する多くの従業員を抱える企業の一つであるドナルドソンは、34年間アグアスカリエンテスの技能員教育に従事して来た。

ラテン・アメリカ部門の副社長であるギジェルモ・ブリセーニョ氏によると、ドナルドソンのアグアスカリエンテスに対するコミットメントは、会社を信じて、「産業界の必要性に対して適宜に対応してくれた」州内の労働者によって達成できたとしている。

この事実のおかげで、今日、ドナルドソンは、グローバルで最大の生産拠点をアグアスカリエンテスに有している。製造業で重要な工場の一つであること以外に、アグアスカリエンテス工場は、付加価値の高いビジネスと技術開発センターとしても機能している。

「製造だけではありません。給与レベルの高い職種もあり、ラテン・アメリカ全土に向けてビジネスを展開しているため、アグアスカリエンテスの専門職の皆さんに興味深い職種も提供しています。ドナルドソンは、市内での成功の歴史を刻み続けてきました。」これが副社長の言葉である。

 

多様化: 共有化される展望

2600万ドルの投資で145の雇用を生み出すとされるドナルドソンの新工場が立ち上がったことで、州経済の多様化プロジェクトが強化されることになる。

ドナルドソンは、新工場で最新技術である液体フィルター解決方法を開発する。これによりもっと広範囲な市場をカバーし、世界の新しい取引先だけではなく、鉱業、建設業、産業、農業、輸送業などの新しい分野にも進出することができるようになる。

会社の目標は、アグアスカリエンテスの産業発展のため、新市場を探そうとする州経済開発省(SEDEC)の展望と共通している。また、新技術の登用で、ドナルドソンは、グローバル産業が要求する目標達成のため特殊分野で教育を受けた専門家を必要としているため、州内の雇用改善に期待が持てる。

ドナルドソンに見る企業の維持できる成長

ドナルドソンの副社長は、ここ数年のアグアスカリエンテス工場の成長は、メキシコの中心部分の最前線を行くものであるとし、それは、会社のエンジニアたちの気質のおかげであると述べている。

副社長によると、アグアスカリエンテスのエンジニアの特徴は、ドナルドソンがアグアスカリエンテスに掛けたことと深く関係していると言う。アグアスカリエテスの人達は、知識レベルが高く、規律を守り、やる気があり、さらに、会社の理念に合った価値観を持っている。

「アグアスカリエンテスのエンジニアは、興味深い気質を持ち、常に何かを越えて、その軌跡を残し、今までとは違うことをしたいと思っています。この考え方が、ドナルドソンの理念に合い、エンジニアが今を超えたいと思っているなら、私たちも一緒に越えて行こうと思っています。」


Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *

By using this form you agree with the storage and handling of your data by this website.