ドイツからの更なる投資がアグアスカリエンテスに

ピーター・テンペル在メキシコ・ドイツ大使と州内に拠点を持つドイツ系企業との会合において、経済開発省は、世界の中で重要な投資がされるアグアスカリエンテスが有する競争力の高さに関する利点を述べました。

エドゥアルド・インファンテ・プリエゴ州経済開発省投資推進担当副長官は、デュアル教育システム、労働人口の若さ、研究センターの存在、ここ数年の工業化などの州の経済の柱をドイツ人に説明しました。

ボエストアルパインなどのドイツ系企業の幹部職は、ビジネス展開のためにアグアスカリエンテスの利点を認識し、会社の成長のための現州政府の支援を強調しています。それに関して、ルイス・リカルド・マルティネス・カスタニェーダ経済開発庁長官は、双方の総合的な発展を奨励するため、協力していくことを約束しました。

「色々やることがあることは、認識しています。お互いに協力することでアグアスカリエンテス州民に更なる雇用を提供することができると思います。多様性を目差し、また、州内には、成長する若い、教育レベルの高い人材を有しています。」とも述べています。

在メキシコ・ドイツ大使は、経済開発省のビジネスに対する対応を活気があり、納得のいくものであると評価し、産業界だけではなく、教育の奨励、交換留学生のプロジェクトで、ドイツ人社会との関係の拡大につながるとしています。


Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *

Al usar este formulario, usted acepta el almacenamiento y manejo de sus datos por este sitio web.

INSTAGRAM
CONÓCENOS MEJOR