スタート・スマート、今、将来を築く

アグアスカリエンテスと世界は、問題解決者、つまり、専門知識を有し、最新の科学的、技術的ツールを使い、アイディアや草案を製品やサービスに変換し、私たちの生活の質を改善することのできる起業家を必要としている。

しかし、今日、一人では、いかなる研究者も起業家も成功することはできない。グループで活動をし、協力、知識の集結、資源の最適化をする必要がある。

これが「未来を作る上げるアグアスカリエンテス」という表題で8月30日、31日に州経済開発省(SEDEC)とマサチューセッツ工科大学(MIT)主催でアグアスカリエンテスのマリオット・ホテルで行われた科学、技術起業フォーラム・スタート・スマート・メキシコの精神である。

フォーラム開始の挨拶で、マルティン・オロスコ・サンドバル州知事は、私たちが生きている瞬間の必要性を意識する必要があると述べた。

「世界が要求している科学と技術の世界へ入っていかなければならなりません。皆さんのための瞬間です。政府としては、必要な道具を提供し、偉大な起業家が現れるよう支援をしていく義務があります。」

イベントは、講習会、専門家によるパネル討論会、インパクトの大きい先端製造業、薬剤業、宇宙産業、データ、IOT、ロジスティック、供給チェーン分野のワークショップが行われた。

企業グループ、学生連、市民社会によって推薦され、2日間のイベントには、多くの人が出席し、ワークショップへの有意義な参加があった。

アグアスカリエンテス州知識社会開発機構 (IDSCEA)代表者カルロス・ムニョス氏によると、このようなイベントにより、知識の拡大による個人および社会の潜在的雇用の多様化が望めると述べている。

このフォーラムでは、マサチューセッツ工科大学との提携で、大学と直接コンタクトができ、これらすべての変更開発し、短期間で技術が変換できるようにし、自分の会社を更新、強化し、成長を促すことのできる人の生の意見を聞くことができる。

州政府が中心になってこの方策を展開していることから、経済開発省長官であるルイス・リカルド・マルティネス・カスタニェーダ氏は、この種のイベントを全面的に支援することを約束している。

州政府が、大学、起業家、会社経営者と協力し、州が目差す目標を常に明らかにし、アグアスカリエンテスに利益をもたらす経済活動を起こしている。

最後に、マサチューセッツ工科大学の大学院学長のホセ・パチェコ氏は、起業家、投資家、世界の大きな問題の解決策を提供する人を探していくことを再確認した。これはアグアスカリエンテス州政府の優先事項一つでもある。


Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *

Al usar este formulario, usted acepta el almacenamiento y manejo de sus datos por este sitio web.

INSTAGRAM
CONÓCENOS MEJOR