READING

コンティネンタルはどんな会社、従業員の感想...

コンティネンタルはどんな会社、従業員の感想

アグアスカリエンテスのコンチネンタルの新工場の発展は地元の人材の能力にかかっている。企業は、待遇の良い給料、魅力ある手当を提供し、1000人以上の従業員を雇用している。したがって、離職率も少なく, 素晴らしい成果が期待される。

コンチネンタルのプロジェクト・リーダーであるイナ・セテルバッケン氏の下、州立大学と提携をし、地元の優秀な人材を探していて、現在、募集している分野は、産業プロセス、ロジスティックス、品質などの技術員、及び、財務管理、人事の専門家である。

コンチネンタルはどんな会社

イノバシオン・エコノミカ雑誌は、3名のコンチネンタルの従業員とインタビューをする機会を得て、この企業で働くことの利点を語ってもらった。アルバロ・リラさんの意見を紹介します。

アルバロさんは、アグアスカリエンテスのコンチネンタルの第1号従業員で、新製品の品質担当技術員であり、GF(グリーン・フィールド)プロジェクトを担当し、1年と1か月になる。

彼は、この会社で働くことで、専門分野、そして個人的にも大きく成長する機会が持つことができた。また、製造現場を世界レベルのコンチネンタルの品質、技術標準に沿って立ち上げなければならなかったため、専門分野での挑戦でもあった。

採用されるまでは、どこの会社も同じで、応募後、人事課による能力の書類審査が行われ、それらが適切と認められ、入社が決まった。

私の目標は、自分の能力と質を上げて行き、産業界ならびに社会に貢献することです。

コンチネンタルは、様々な利点のある会社で、会社の部門間でのシナジー、従業員間で協力し合う体制、この会社の従業員だけが得られる福利厚生、新たな知識を得るための頻繁な教育計画などがある。

アルバロさんの意見では、コンチネンタルの労働環境には次に上げる4つの利点がある。

・友好的

・挑戦ができる

・支援してもらえる

・信頼が持てる


RELATED POST

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *

By using this form you agree with the storage and handling of your data by this website.