READING

アグアスカリエンテス州の新しい経済開発省長官...

アグアスカリエンテス州の新しい経済開発省長官

マルティン・オロスコ・サンドバル・アグアスカリエンテス州知事が閣僚変更を公示。前長官であったリカルド・マルティネス・カスタニェーダ氏に代わり、前農村開発、農業関連産業省(SEDRAE)長官、マヌエル・アレハンドロ・ゴンサレス・マルティネス氏を経済開発省(SEDEC) 長官に任命。

新経済開発省長官の経歴

モンテレイ工科大学(ITESM)の国際ビジネス学科で農産関連産業を専攻。Agroindustria de Aguascalientes S.A. de C.V.の社長、米国のヒスパニック市場にメキシコの食料品を販売するテキサス州ヒューストンのニュートリ・フリーズ社の金融担当重役を歴任

その後、地元の企業や地域の銀行のアドバイザーの様な企業発展促進の段階的拡大プログラムなど、他分野での活躍の機会も得る

ゴンサレス・マルティネス氏は、農村開発、農業関連産業省(SEDRAE)長官を3年務め、現在の職に至る。

経済開発省(SEDEC)長官として、経済成長、投資の価値のある州、雇用捻出でメキシコ国内でトップ・レベルの州になることを目指す。事業において、また、アグアスカリエンテス州民のために最善の機会を与えるため、必要な条件を提供することを目的とし、様々な産業分野に門戸開放する。


RELATED POST