READING

アグアスカリエンテス州がワシントンDCで優秀な隣国の州の賞を受賞...

アグアスカリエンテス州がワシントンDCで優秀な隣国の州の賞を受賞

毎年、米墨商工会議所(USMCOC)は、公的機関、私的機関の中で両国の関係に顕著に貢献した機関に 良い隣国賞を与えている。

今回、マルティン・オロスコ・サンドバル州知事が、アグアスカリエンテス州が、アメリカ企業及びその他の国々の企業からの絶大な信頼を受け、現在まで、外国直接投資額が記録を更新しているため、この賞を受賞した。また、米墨商工会議所(USMCOC)は,メキシコ内の人権尊重の強化、北米の治安改善を支援したメリダ計画内で考慮された構想を通じてアメリカ政府に協力するための貴重な意志とコミットメントにも感謝した。

表彰式

米国ワシントンDCで実施された表彰式では、米墨商工会議所(USMCOC)の会頭アルバート・ザパンタ氏が、州政府を代表して出席したルイス・リカルド・マルティネス・カスタニェーダ州経済開発省長官にこの賞を授与した。

この賞を受賞するに当たり、マルティネス・カスタニェーダ州開発省長官は、州知事に代わり、感謝の念を伝え、アグアスカリエンテス州政府は、経済成長、国内での競争力の分野で上位にランク付けされている州の社会的安定、経済発展の状態を維持していくことを約束した。


メキシコが直面する新しい環境とアメリカ、カナダとの貿易協定を継続していく方策として、アグアスカリエンテス州政府は、第四次産業革命を考慮した経済発展、製造業の多様化を実現するため、地域協力体制である中央高原バヒオ地区連盟を形成していることを強調した。

また、両国は、各国側で相互または具体的な商業プロジェクトを基に投資をすることで、お互いの利益になる貿易を奨励することを継続していくべきであるとした。

アグアスカリエンテスの起業家でムルティコロール・グルーポ・グラフィコの創立者でCEOであるフランシス・ロペス・エスピノサ氏もリーダーシップ賞を受賞している。

そして、この表彰式には、マルタ・バルセナス在米メキシコ大使も出席している。

その他の良い隣国賞を受賞者

商工会議所の31回の授賞式の中で、下記に示すメキシコ、アメリカの様々な業界の人たちがこの賞を受賞している。

  • カルロス・エスリム・エル, グルーポ・カルソ(2000)
  • ギジェルモ・オルティス, 元メキシコ銀行総裁 (2002)
  • リカルド・サリナス, グルーポ・サリナス社長兼 CEO, (2009)
  • ミゲル・マルケス・マルケス,元グアナファト州知事 (2017)
  • アグスティン・カルステン, 元メキシコ銀行総裁(2011)
  • ファン・アントニオ・ゴンサレス・モレノ,グルマ会長兼 CEO (2017)
  • エドゥアルド・ソホ,元メキシコ経済省大臣 (2008)
  • リー・R・レイモンド,エクソン・モービル会長兼CEO (2003)
  • サンチャゴ・クリール,元メキシコ内務省大臣 (2004)
  • アダム・ゴールドステイン, ロイヤル・カリビアン・クルーズ社長(2006)
  • ミゲル・デ・ラ・マドリ, 元メキシコ大統領(1997)
  • アンヘル・グリア, 元メキシコ大蔵省大臣 (1998)
  • ビセンテ・フォックス・ケサダ, 元グアナファト州知事 (1999)
  • ホセ・セラノ・セゴビア,メキシコ海上輸送 (1999)
  • エルネスト・セディジョ・ポンセ・デ・レオン, 元メキシコ大統領 (2001)
  • ドナルド・F・ピーターセン, フォード社長(1986)



Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *

By using this form you agree with the storage and handling of your data by this website.