LEYENDO

アグアスカリエンテスの企業経営者が生物分解性ストロー開発...

アグアスカリエンテスの企業経営者が生物分解性ストロー開発

オスカル・ダニエル・ラモス・カステジャノスは、環境保護のための持続可能な慣行の分野で、アグアスカリエンテスとメキシコの食料消費の革新を目差す企業のプロジェクトで、2018年州青年賞を受賞しました。

卒業後、この若い企業家は、複数のNGOと働く機会を得た結果、NGOからのアドバイスで人生が変わることになります。彼にとって環境、最近の環境保護の傾向が現在の社会にとって最も緊急を要する案件であったため、カスカラス・エンパケス・ビオデグラダブレス(生物分解性皮包装)を設立しました。

「大学の専攻でも社会意識の概念の教育を受け、卒業後、50以上のNGOから構成される委員会で仕事をしたとき、問題点の発見をし、生物分解性の使い捨てカップによる環境保護の可能性を見出しました。」

このプロジェクトは、4年越しのものですが2016年になり、環境に優しい製品の消費の傾向が地域の市場で強まり、その1年後、カスカラ・ブランド商品が出て、今日、ラ・パス、ロス・カボス、サカテカスの各都市で、50以上の取引先に製品を供給しています。

オスカルがアグアスカリエンテス州の競争力と革新研究所(CECOI)のコンサルタントであることも彼の成功に大きく役立っています。この研究所の活動に関与したことが、ブランド・ポジショニングと内部プロセスに関して企業設立の助けになっています。

「商売では、原料の低コスト化に慣れているため、これらの有効な製品をどのようにして低コストで生産するか課題でした。社会的責任のイメージが、お客様にも好感を持たれて、私たちを助けてくれました。」

サンマルコスの祭りでプラスチック使い捨てコップ・ゼロ

2017年、カスカラ・ブランドがサンマルコスの祭りで、90日から180日で分解されるコーンスターチ製の12500個の使い捨てカップを提供しました。「これが、祭りの時期に発生するごみを削減するための部分的な貢献でした。」

2020年にはプラスチック製品無しのサンマルコスの祭り実現のため、カスカラ・ブランドの積極的な参加が期待されています。


Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *

Al usar este formulario, usted acepta el almacenamiento y manejo de sus datos por este sitio web.

INSTAGRAM
CONÓCENOS MEJOR