READING

     メキシコ日産が月曜日生産再開...

     メキシコ日産が月曜日生産再開

生産2か月停止後、正しい感染防止対策の採用実施により、今週の月曜日に4千人以上の従業員がアグアスカリエンテスの日産工場で職場に戻った。

州内で直接的、間接的に1万2千人を雇用する工場が、安全な生産再開を実施するために適切な感染防止対策を適用しているか監査を受け、その状況を確認したマルティン・オロスコ・サンドバル・アグアスカリエンテス州知事は、会社の社会的責任を全うする姿勢に感謝した。

州知事は、コロナウィルスによるパンデミックは、メキシコと世界の経済に影響を与えており、その経済回復の機動力となる労働者へのコミットメントとして、労働者及びその家族の健康を維持し、その生計を補償しなければならないと述べた。

100%生産を再開した日産第2工場訪問時、地元、国内、国際経済を再起動させるアメリカへの輸出が再開されることも発表された。

メキシコ日産副社長であるアルマンド・アビラ氏は、月曜日に生産を再開した従業員全員が、家から仕事に向かうときから、すべての感染防止策を適用させるようにするため、会社は、入念な準備をしたことを言及した。

さらに、アビラ副社長は、ここ数週間で、1200箱の食料品ケースの寄付の準備を行い、会社は、保険分野に対して保護具を贈呈し、会社の社会的責任の全うを示していることを強調した。

同時に、非常事態宣言により、アグアスカリエンテスの日産第2工場は、N95マスク、手術用マスクなどの感染予防具を従業員のために生産を始めることを発表した。


RELATED POST